農業再考

稲沢バナナ園から見た、日本の農業の再生について考えたコラムです。

EM菌で土つくり 〜無農薬栽培バナナ園の土壌改良〜

バナナ園の無農薬栽培を支えるEM菌 稲沢バナナ園は事ある毎に、農薬使っていません、除草剤使っていません、肥料も使っていません!ということを伝えています。なぜかというと、元気に成長しているバナナ園のバナナを見ると、プロほど信じられない!!というからなんですよね。 稲沢バナナ園のバナナは慣行農法の方からするとありえないくらい元気です。 茎は非常に太くて、他の農園のバナナを見ると本当にヒョロヒョロに見え […]

  • 2018.11.10

バナナ園基金

このたび一般社団法人稲沢バナナ園で基金を設立いたしました。 バナナ園基金は以下を目指すためのものです。 バナナ園は体験型農園として生まれ活動をしていますが、今後さらにたくさんの学びを得られる複合の学習テーマパークとして成長していく予定です。 その中でどうしてもやっていきたいことが、バイオガス発電です。あまり馴染みのない発電方式ですし、なんでバナナ園で発電???と疑問に感じると思いますがこのページを […]

  • 2017.09.26

幼稚園・保育園の園庭にバナナの木を植えて収穫体験をしよう!

稲沢バナナ園の石田です。 今年からある試みを初めていました。 それは何か?というと幼稚園や保育園の園庭にバナナを植えて それで収穫体験ができないか?という試みです。 そしてその試験は大成功し、 試験的に植えたバナナが見事に実がなり、明日収穫体験の運びとなりました!! 現在、バナナ園はお陰様で大変な人気になっていて 非常に多くの方に予約待ちを頂いている状況が続いています。 この試みによって、もっとた […]

  • 2016.11.09

毎週土曜の産直ショップをオープン!

先週土曜日(11/5)にひっそりとバナナ園の事務所近くで産直ショップを仮オープンしました。 いまどきどこにでもある産直ショップですが、この産直ショップは通常のものと、少しコンセプトが違います。 家庭菜園であまってしまった野菜を提供する産直ショップ この産直ショップは、基本的に大きな農家さんからの野菜ではありません。もちろんプロの農家の農産物もありますが、一番の目的はそこにありません。最大の目的は […]

  • 2015.07.08

稲沢バナナ園が無農薬バナナにこだわる理由

稲沢バナナ園の石田です。 先日、これまでにない農業のカタチであるということで、愛知県農林水産事務所の方が見学に来られました。 稲沢バナナ園は確かにこれまでの農業からは完全に逸脱しています。 そのせいで、農業関係の助成が受けられないほどです^^; どのあたりが、従来の農業と違うかといいますと、 無農薬・無肥料で栽培していること 農産物自体の販売が主な収入源ではないこと 集客のほとんどがSNSなどのイ […]

無農薬栽培が大切だと確信できる!無農薬の本当の意義

稲沢バナナ園の石田です。 今日は近所で造園業をされている菱甲園さんにお願いして 伐採された木のチップを2t車で3杯もらいました。 バナナ園になぜ木のチップが必要なの?と思いますよね。 でもとても大切な役割を担っています。 稲沢バナナ園の特長のひとつは 無農薬でバナナを栽培していることですが、 無農薬で作るための土つくりにかかせないんです。 無農薬栽培のためになぜ土つくりが必要か みなさのイメージで […]

マンゴー園の土作りがだいぶ進んできました!

無農薬マンゴー園の予定地に 大量に投入したキャベツなどの野菜クズ。 1平米あたり5kgほど入れているので相当な量になりますが、 1ヶ月が経って、発酵もかなり進んで、もうほとんどの野菜の形はなくなってきています。 この土つくりが無農薬栽培の決め手になってきます。 普通の無農薬栽培はすごく害虫の被害にあうイメージがあると思いますが、 無農薬で栽培しているうちのバナナは、ほぼ害虫がきません。 色々な理由 […]