パパインとは?強力な酵素活性と効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
パパイン酵素

青パパイヤは万寿瓜と言われるほど昔から健康に良いとされてきた野菜です。そんなパパイヤの様々な嬉しい健康効果を引き出しているのがパパイン酵素です。パパイン酵素は非常に強力なタンパク質を分解する酵素です。

⇓青パパイヤの健康効果についてはコチラ⇓
青パパイヤの脅威の栄養価と4つの健康効果〜母乳から抗ガンまで〜

⇓酵素と健康について⇓
執筆中

パパイヤを傷つけると白い樹液がたくさん出てきますが、この樹液の中にたくさんのパパイン酵素が含まれています。この樹液の中にはタンパク質を分解するパパインの他に、脂質を分解するリパーゼや、炭水化物(デンプンなどの糖質)を分解するアミラーゼなども含まれています。
パパイン酵素

どんな野菜にも分解酵素はありますが、特筆するような健康効果をもたらすほどの量で3大栄養素(糖質・脂質・タンパク質)の分解酵素をもっているのは青パパイヤくらいです。ちなみに酵素について書いてしまうとそれだけで1ページフルの内容になってしまいますので、今回は省略します。

酵素・・・
・体内の化学反応の反応速度を飛躍的にアップしてくれる働きがある
・消化に関わる反応を促進している酵素を消化酵素という
という2点だけ押さえておいてください。

パパイン酵素の特長

パパインは医薬品に指定されるほどの効果があります。他のタンパク質分解酵素と何が違うのか?ですが

  • 普通の酵素は熱に弱いが、パパイン酵素は高熱にも安定
  • 分解能が非常に高く、タンパク質をかなり分解できる
  • パパインは酸にも強くて胃に入っても機能を失わない
  • 真菌(カビ)などへの抵抗性が強く、抗菌効果もあり腐敗を防ぐ効果もある
  • 肌に対しては古い角質などにのみ働き生きている細胞には影響がほとんどない
  • 肌への刺激は少なくアトピー性皮膚炎の方にもいい ※

※・・・

ただしパパイン自体にカブれる人もいるので外用には注意が必要です。

パパインの細かい働きについては最後にまとめますが、とにかくパパインには人にとって非常によい効果がたくさんあるのが分かってもらえると思います。こうしたパパインの機能で消化を助けてくれたり、免疫を活性化したりしてくれます。

パパインについての詳細

ここからはちょっとマニアックなパパインについての説明です。普通の人はここからの情報は必要ないと思いますが、より理解を深めたいという方のための説明となります。

タンパク質はアミノ酸がたくさん結合してできています。そしてタンパク質分解酵素はこのアミノ酸とアミノ酸の間の結合を切るのですが、通常の分解酵素は、

このアミノ酸の並びの場所だけで切る

というルールがあります。これを基質特異性とか特異的プロテアーゼといいます。

しかしパパインはこういう特異性がなく、アルギニン、リジン、ヒスチジン、グリシン、ロイシン、チロシンがあるところで切ります。しかも、時間がながければ他の部位でも切断可能です。
つまり、タンパク質のいたるところをパパインだけで切ることができるので、パパインがどうして分解能力が高いかわかりますね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*