子育てについて

心だけじゃない!親なら実践したくなる食育の具体的なメリット5つ

いただきます

食育、食育と叫ばれるようになり、それなりに時間が過ぎました。食育という言葉を知らない人はいないくらい社会に浸透したのではないかと思います。 傾向としては、食育というと

  • 命をいただいているのだから感謝しよう!
  • いただきますをちゃんとしよう!
  • 三角食べしよう!

的な、マナーや道徳的な事がやはり多い気もします。

もちろんこれはこれで非常に大切なことです。食事のマナーは国際化社会が加速していく今後はさらに重要になるでしょうし、道徳的なことも知らない子にとっては本当に大切です。鶏をさばく体験で命の大切さ、食の大切さに気づけることも本当に素晴らしいことです。

しかし今回は
・食事が大切なことは分かるけど、やっぱり安いには勝てないのよね〜、とか
・なんだかんだ言ってうちの子もちゃんと成長しているし、とか
・そんなことよりも結局は学歴でしょ、とか
・犯罪犯さずまっとうに生きてくれれ十分なのよ、とか

頭では食の大切さは感じているけれど実践したくなるレベルじゃないよね、という方のために、 より具体的で生々しい食のメリットを列挙していきます。

あなたの子どもが犯罪者になってしまうのか?それとも国の威信や名誉を背負って闘う英雄となるのか? そのほどの違いを生み出す可能性がありますので、よ〜く読んで頂ければと思います。

1.正しい栄養摂取で犯罪率・非行率が下がる

暴力・犯罪率・非行率の低下

アメリカの凶悪犯を対象にした研究で、犯罪と食事との相関関係を調べたものがあります。アメリカの場合、再犯率は60%以上だそうですが、食事をジャンクフードから栄養価の高いものに変えるだけでわずか8%まで急減したそうです。

これは殺人/放火/麻薬売買などで逮捕された凶悪犯の場合で実験された結果です。そんな凶悪犯でも栄養を変えるだけで人間が変わってしまうのです。 栄養不足がこれほどまでに人間の行動に関わっていると知っている人はまだ少ないと思います。

そのほかにもアメリカでは犯罪と栄養の研究が進んでいて、犯罪を冒してしまう人にどのような栄養素が欠乏しているか?という研究もあります。その結果、犯罪者が必ずといっていいほど不足している栄養素がいつか見つかりました。それは

  • ビタミンB6
  • マグネシウム
  • 亜鉛
  • 葉酸
  • セレン

の5つの栄養素。栄養が不足していれば不足しているほど暴力的な傾向が認められるそうです。

2.IQが高くなる

栄養状態とIQ

これに関しては諸説いろいろあります。そもそも実際に人間の知能を数値化することが難しいですし、同じ人間が栄養状態の良い場合と悪い場合を比較することができないからです。 ただし科学的に言えることはいくつかあって、血中のDHA濃度の高い人のほうがIQが高い傾向があるということです。これは脳という非常に特殊な器官と密接に関わっています。

脳というすごい器官の特長

脳は体の中でも代謝が群を抜いて多い場所。例えば、血中酸素の20%、ブドウ糖の25%を脳が消費しています。体重でいうとわずか2%しかない脳で体のエネルギーの4分の一を消費している計算です。代謝が激しいということは、それだけ活性酸素が出るということにもつながります。 そんな脳の中でも、特に細胞の入れ替わりが激しい部分では、わずか2週間で細胞の代謝が起こります。

このときに大量に必要とあるのが DHAなどを中心としたω3脂肪酸です。つまり2週間栄養不足を起こしただけで脳は栄養不足に陥るのです! 脳は重量の約60%が脂質、つまり油です。正しい油の摂取が頭脳に関わってくるのです。

学習塾に必要な費用に比べると、オメガ3の豊富な油を摂取するなんて、なんて安上がりでしょう!!頑張っても頑張っても成績が伸びないのであれば、改めてみる必要があるかもしれません。

3.EQ(心の知能指数)が高くなる

EQと食事

子どもには幸せになって欲しいと願うのは当然の事です。幸せという漠然としていて抽象的なものに関しても栄養が関わってきます。 栄養状態の良い子どもは自己肯定感が強く、また情緒も安定しやすい傾向があります。言葉かけはもちろん大切ですし、しつけも大切かもしれませんが栄養にも気を配りましょう!

前述のセレンは人の機嫌にも大きく関わる栄養素です。セレンが多いほど人は機嫌がよくなるのです。 セレン以外にもセロトニンなどの脳内物質が幸福感と大きく関わってきますが、後述の自殺率とも深く関わってきますので、詳細は次の項目を参照ください。

4.自殺率と食事

不安症・統合失調症・落ち着きがない・躁鬱などの精神疾患の患者の74%が低血糖症だと言われています。またADHDなど多動児の多くの家庭が炭水化物やおやつの食べ過ぎ、家族の誰かが糖尿病やアルコール中毒患者などの確率は60%以上で、食事と精神疾患は関係が深いことが分かっています。

血糖値が急激に下がる

血糖値を戻そうとしてアドレナリンやグルタミン酸などが分泌

非常に攻撃的になる。脳が異常な興奮状態になる。

というのがものすごく簡略化したお話になります。 脳が以上興奮状態にあるとき自殺は起こります。もし家族の方でそのような不安がある人がいるのであれば、スナック菓子・糖分の多い飲み物・ジャンクフードを無くす、減らす努力をしてみてください。これもアメリカの研究になりますが、栄養価の高い食事に変えただけで自殺率が顕著に低下するという結果が出ています。

5.運動能力と食事

運動と身体形成

最近のアスリートは食事に配慮する人が非常に多くなったと言われています。

3冠王を3度も取った落合博満さん。非常に優れた選手ですが、選手時代の後期は食事に気を使っていたことも有名です。落合選手は一度成績が落ちてしまったシーズンオフに断食をし、マグネシウムを多めに摂取したそうです。その結果、動体視力が格段に向上し、ホームラン数を劇的に増やしたそうです。

サッカーのリオネル・メッシ選手は、オメガ3愛好者としても有名で、栄養学にも精通しています。

正しい栄養を心がけることで、スポーツ選手がもっとも恐れるケガを予防できるだけでなく、集中力の向上や疲労回復にも大きく関わってきます。また根本的な運動神経は、脳と体の各部位の伝達が正常に行われるほど正確に体を動かすことができます。0.1秒以下を争うトップレベルでは致命的な差になります。

もしあなたの子どもが一生懸命部活動に取り組んでいるのであれば、是非食事を変えてあげてください!!そして、どうしてそれがいいのか?という知識も教えてあげるとより良い結果が生まれると思います。

 

健康に関しては当然大きな違いが産まれます

もちろん食生活ともっとも密接なのは健康です。最近の子どもたちは風邪をひきやすかったり、すでに生活習慣病の兆候が出てしまっている子も。。

今や2人に1人がガンになる時代です。死因の6割以上が生活習慣病です。生活習慣病とはまさにその字の如く、生活習慣によってもたらされるものであり、生活習慣によって改善できる病気なのです。

子どもを病気にさせないためにも、是非あなたが実践してください!!

健康に関してはここでは書ききれないほどのメリットがありますし、おそらく分かっている人も多いかと思いますのでこれくらいにしておきます。また健康については今後詳細に書いていきますのでお楽しみに!!

雪の日も外遊び!外遊びには子供が生きていくチカラの向上が詰まっている!

稲沢バナナ園の石田です。

愛知県では本日初雪でしたね〜。寒いです。。
しかし子供にとっては雪はとっても楽しいもののようで、うちの子たちは大シャギ!!

大人も交代しつつ、寒い外遊びにお付き合い。
雪だるま(オラフ)もつくって
オラフ

子供も大人も朝からテンションMAXでしたが・・・。

さすがに寒くなってきたので、あったかいバナナ園へ移動。
バナナ園の前でもひとしきり雪遊びをした後、
IMG_1392

暖かいバナナ園の中へ。

暖かいバナナ園で雪遊び!

暖かいバナナ園で雪遊び!

しばらくすると体も温まってきて、上着も脱いで、いつものようにバナナ園で遊び始めました。

さて。
みなさんは子供たちに思う存分、外遊びさせていますか??

うちはできるだけ子供たちに外遊びをさせています。
それは外遊びで養われる能力がたくさんあるからです。

子供たちは遊びの中でたくさんのルールを学びます。
小さな子を守ったり、みんなが楽しめるようなルールを考えたりすることもたくさんあります。
こういう遊びの中のルールを守ることで、子どもたちは社会性を身につけていくと言われています。

1.社会性の発達

team-386673_640

子供たちは遊び、特に外で遊ぶことで社会性を身につけると言われています。

実際に子供たちが外で遊んでいる様子を見ていると、自分たちでルールを作って、上手に遊んでいますよね!
自分勝手に遊んでいると皆が飽きて遊びが終了してしまうこともあります。

そうやって自分と他者との関わりを学んでいくのです。
室内で遊ぶものはどうしてもルールがすでに決まっているものが多いので、外遊びがいいですよね!

2.風邪をひきにくい健康な体

健康な体つくり
子供に健康になって欲しいと願わない親はいないと思います。
一番の願いかもしれませんね。

そのために一番大切なことは、雑菌から子供を守ることではなく、雑菌に負けない強い体をつくりあげることです。

外遊びは当然汚れます。服はドロドロ。靴なんてとんでもないことに。。確かに洗濯したり洗ったりする立場だとウンザリしてしまうかもしれません。しかし、それを叱るのではなく、むしろ褒めてあげることが大切だと思います。

それだけ子供は基礎体力がつき、免疫力も向上しているのですから!

また、外遊びは筋力や関節の柔らかさなど、運動能力にも大きく関わりがあり、それが健康な体つくりへとつながっていきます。

算数・数学などの空間把握能力や思考力を高める

外遊びで数学のセンスが高くなる!

少し意外かもしれませんが、外遊びをすると空間把握能力が高くなると言われています。

【情熱大陸】【カンブリア宮殿】などでも出演されている花まる学習塾の高濱先生の著書でも、外遊びの大切さがたくさん書かれています。

みなさんは数学、得意でしたか??図形の問題でパっと補助線ひけましたか?

こういう空間把握能力や数学的センスは、小学校3年生までに外遊びをたくさんした子の方が圧倒的に高いそうです。

また、自然の中にある複雑な形、様子の変化を感じ取ることで、微妙な変化を捉えるチカラや、感受性も大きく育つことが最近の研究で分かっています。

それ以外にも外遊びの良い効果はたくさん!!

  1. メンタル面が安定する
  2. 創造性の高い人間の土台作り
  3. 集中力の向上

などなど、外遊びは子どもに様々な効果をもたらしてくれると言われています。

寒いから付き合いきれない、と諦めてしまわずに出来る限り付き合ってあげたいものですね〜。

稲沢バナナ園が稲沢の有名おでかけスポットに!

稲沢バナナ園の石田です。

稲沢バナナ園はいこーよというおでかけ情報サイトに登録されています。
年間で2,000万アクセス、おでかけスポット登録件数が42,631件の巨大サイトです。

その中で、稲沢バナナ園が愛知県のおでかけスポットで

稲沢バナナ園が新おでかけスポットに

植物園・・・・・ 12位(42件中)
バーベキュー・・ 5位(41件中)
果物狩り・・・・ 6位(40件中)
農業体験・・・・ 5位(23件中)

となりました!

果物狩りは6位、農業体験は5位です!!

果物狩りは他のところは有名なところばかり。
その中で稲沢バナナ園が入っているのはまだまだ話題先行になってしまっていると言わざるをえませんが、それでも、今後それに見合った施設にしていきたいですね♪

そのためにも、まずは稲沢バナナ園は来年から無料開放をしていきます!

その中で、子供を中心にした学びながら楽しめるワークショップを開催していく予定です。
まだまだ一案ですが、

3月・・花粉症のためのハーブ
4月・・ヨモギ団子を作ろう
5月・・さくらんぼ狩り&果実酒つくり
6月・・家庭でもできるピザ釜作り講座&ピザ釜でピザつくり
7月・・ハーブで虫除けスプレーをつくろう!
8月・・ブラックベリーバナナでヘルシーアイス
9月・・マンゴー収穫&マンゴープリン
10月・・ハロウィンのためのジャックオーランタンつくり
11月・・サトイモ掘り&芋煮会
12月・・無農薬レモン収穫&レモネードシロップつくり
1月・・万病を遠ざける神秘の飲み物!ビワの葉チンキをつくろう!
2月・・なんで手創りがいい?どこより詳しい味噌つくり講座

というような内容を考えています。

それ以外にも、

1. あなたは被災したときに米を炊ける?リアルな米炊き&カレーパーティー♪
2. みんなでシャボン玉を楽しもう!バナナ園でシャボン玉つくり
3. みんなで巨大壁画を描く??稲沢バナナ園の看板ペイント
4. イチゴ収穫権付き!バナナ園のイチゴロードを作ろう!
5. バナナ園をハーブで満たそう!ハーブ植え&ハーブティーの楽しみ方ワークショップ

などなど、いろいろ考えています!

参加してみたい!というものがあれば、是非コメントやメッセージなどくださいね♪

外遊びの効果。自然との触れ合いは脳を刺激する

遊びの中から学べることは、大人になってもたくさんありますね。 しかり大人よりも子供、特に幼少期(6歳くらい)は

遊びの中からたくさんの生きる力を身につける

ことが最近分かってきています。

親であれば子供の幸せを願っていると思います。 もちろん幸せは人それぞれの形があって決まったものではありませんが、

その子が持っている才能が100%発揮できる

ことが幸せの第一歩であることも間違いありません。 本日は、そんなハッピーに生きる力と遊びと子供の持つ能力とのビックリする関係性や、幼少期の遊ばせ方などについて書いてみたいと思います。

脳への刺激から見る遊びの効果

なぜ有名大学に入学できる学生は幼児期に遊んでいた子たちなのか?

アメリカのある有名な研究の中で
ハーバード・コロンビア・カーネギーメロン・プリンストンなどの超有名大学に入学する子供たちの多くは、

幼少期にたくさん遊んでいた

ことが分かっています。
e8a05fe8

またそういう学生は活動的でリーダシップがあり、仕事についても成功する確率も高いことが分かっています。

では、どうしてたくさん遊んでいた子のほうが学力が高く、仕事もできて、行動力もあるのでしょうか?

習い事を多くした子は白紙回答が多くなる

逆に小さいころから習い事をたくさんした子はどうなるのか?という追跡調査もあります。
小さい頃から塾などに通っている子は、一般的に学力が高くなることが分かっています。

しかし、遊びの中で培った学力との決定的な差があります。

それは、試験のときに白紙回答が多くなる、ということです。

小さいころからたくさんの習い毎をしていると
物事には正解・不正解があるという価値観が生まれ、

間違えるくらいなら書かないほうがいい。

と考えるようになるのではないかと言われています。

自由に遊んだ子の”分からない”を埋める力

逆に、自然の中や外遊びを中心にたくさん遊んでいた子は、非常に柔軟に回答する傾向があります。
たとえ分からなくても、

  • 何か書けば正解になるかも?
  • 書いているうちに何か分かるかも?
  • とりあえず手がとまらない
  • そもそも諦めない

という気持ちが優位になり、とにかく書ける、つまりはチャレンジ精神が旺盛になるのです。

間違っていても図々しく書ける。大胆な行動に出てみる。
これはある意味で生きる力に大きく関わってくると思いませんか?

こういった現代にも通用する、生物としての生きる力を身につけるには幼少期の遊びが一番なのです。
鶏と遊ぶうちの子

遊びは種類も刺激も豊富?

自然の中の遊びは刺激が多い!

人間は一般的に1秒間に

  • 視覚・・・10,000,000bit
  • 聴覚・・・100,000bit
  • 嗅覚・・・100,000bit
  • 味覚・・・1000bit
  • 触覚・・・1,000,000bit

という大量の情報を受け取っていると言われています。ほとんど情報として捨ててしまうのですが、特に自然の中では、すべての5感が刺激され、通常よりもたくさんの情報を得ようとします。

景色を眺め、鳥や虫の声、風や水の音、花や木の香り、新しいものに実際に触れる感覚、自分で採ったものを食べる。

こういうたくさんの刺激があるので、自然の中でたくさんの刺激を幼少期に受け取ると柔軟性が生まれるのかもしれません。
モンシロチョウを捕まえる

本物を体験する

という効果は実はこういうところにあるのかもしれませんね。

幼児期に適した習い事

脳科学的にみた現代でも当てはまる生きる力である
・柔軟性
・発想力
・行動力
・集中力

こういった力は実はただ遊ぶだけではなく、ルールのある遊びをさせると良いことも分かっています。

しかし難しく考える必要はないかもしれません。

公園に行けばルールがありますし、遊びにも必ずルールがあります。
もちろん自然の中にも、自然の摂理という大きなルールがあります。

だから、子供の発想で自由に遊ばせながら、自分たちでルールを作らせていきばいいですね♪

!

私は生命の大切さなどを伝えながら、だから死んじゃわないようにバッタを捕まえる方法などを教えています。(この写真はちょっと怪しいですが^^;)

とはいえ、習い事でも良いと言われるものもあります。

有名なのはピアノ

ですね!!

ホンマでっかTVで有名な脳科学者である澤口先生によれば

ピアノは万能の習い事

だそうです。

あと、スポーツでいうとサッカーが非常にいいそうです!!

そう言われてみれば、サッカー選手ってちょっと知的な人が多いと思いませんか?

でもやっぱり個性はある!子供たちの様子を見てみよう♪

とはいえ、子供というか人間には個性があります。
好きなものもあれば、嫌いなものがある。
適しているものがあれば、適さないものもある。

それが人間です。

うちの子はピアノよりもドラムが好きなのかも^^;

IMG_6910

やっている姿が本当に楽しそうです。

分からなくても、こういう見てあげる姿勢が大切だと個人的には思っています。

本日はこれまで♪

暑い日が続きますが、熱中症に気をつけながら楽しい外遊びライフをお送りください!!
暑くなったら家でゆっくり休みましょうね♪それもまた一つの刺激です♪
IMG_6912

体験が【好奇心と冒険心】を作り、豊かな人間性につながる。

井深大の名言

人柄や能力は、子供のころの体験が大事。好奇心や冒険心を育てることが、豊かな人間を作るのだ。

〜SONY創業者 井深大〜

幼児教育に熱心で関連著書も多数ある井深大さんのこの言葉が私は大好きで、子供たちにはいつまでも好奇心や冒険心を持ち続けて欲しいと願っています。

ですので積極的にバナナ園に連れていって自分は作業し、子供たちを放置することもよくあります。そうすると子供たちは自分たちで興味のあることを勝手に始めることが多いんですよね♪

今の時期ですと、ベリー系の実が園内にたくさんなっていて、それを勝手に収穫して食べています。

ラズベリーを収穫して食べています

ラズベリーを収穫して食べています

季節はずれのイチゴも目ざとく見つけて収穫!食べる!

季節はずれのイチゴも目ざとく見つけて収穫!食べる!

上の子はフルーツ系だけでなく、春の菜葉やヨモギなども上手に見分けて収穫します♪

食べごろの菜葉を摘んでご満悦♪

食べごろの菜葉を摘んでご満悦♪

果物の場合、ちょうど食べごろの物を選んで食べる必要があって、子供たちは本当に上手に見分けられるようになりました。もちろん失敗もあって腐りかけのものを食べてしまったことも多々ありましたけどね^^;

腐ったフルーツを食べてしまって、うえ〜ってしてました(笑)
でも本能的にちゃんと吐き出すから立派なものです。

やっぱり小さいころは生命に直結する食べ物に対する興味や好奇心はすごく高くて、こういう身近なことから興味や関心・好奇心や冒険心が育まれていくような気がします!

そういうちょっとした失敗を繰り返しながら、我が子には実体験として体に刻んでいって欲しいと願っています。

そしてそれが豊かな人間性の糧になってほしいな〜というのが親としての願いですね。